Tスピン(T-spin)

反転中

2021-03-05公開 2021-04-15更新

Tスピン(T-spin)タイトル画像

ここでは、テトリスをする上で欠かすことのできないTスピン(T-spin)について解説していきます。

動画版解説

※投稿主であるI凜さんに許可を得た上で動画を掲載しています。

参考にさせて頂いた解説動画です。

動画の方が理解しやすい方はこちらをご覧下さい。

Tスピンの種類と火力

Tスピンの種類

Tスピンは消す段数や方法によって以下の4種類に分けられます。

  • Tスピンミニ(T-spin Single,TSM)
  • Tスピンシングル(T-spin Single,TSS)
  • Tスピンダブル(T-spin Double,TSD)
  • Tスピントリプル(T-spin Triple,TST)

最も使用頻度が高いのはTスピンダブルです。

Tスピンを覚えたい人はまずはTスピンダブル(TSD)を覚えるようにしましょう。

Tスピンの火力

テトリス99や、ぷよテト・ぷよテト2の対テトリスにおける火力です。

種類火力
TSM0段
TSS2段
TSD4段
TST6段

(※BTB※1が付く場合は+1段)

テトリスで4ライン消して4段送るのに対して、Tスピンを使用すると2ライン消すだけで4段送ることができるため、効率良く相手に攻撃を送ることができます

TSM (Tスピンミニ)

TSMの形

TSMには壁当てのTSMねじり込みのTSMの2種類があります。

壁当てのTSM

壁当てのTSM

回転方向:

中央部で行うときは、押し当てる壁の高さが3マスないとTスピン判定とならないので注意。

ねじり込みのTSM

床当てのTSM

回転方向:左→右

中央で行うときには、左下図のように黄色マスが無いと空転するので注意。

TSM成功例 TSM失敗例

TSS (Tスピンシングル)

TSTは、TSMでないTスピン判定を持った1ライン消しのことを指します。

その殆どはTSDの妥協消しやRENを繋げるために使用します。

ここでは、欄干の際のTSSを紹介します。

欄干のTSS

回転方向:左→左左
(左→右右 でも可)

TSD (Tスピンダブル)

TSDは最も良く使用されるTスピンです。

通常TSD

回転方向:左→左


下図の黄色マス位置にミノや壁が存在する場合には、右→右でも入れることができます。

壁蹴りTSD

回転方向:右→右

TST (Tスピントリプル)

TSTは送ることができる火力が強い代わりに、残る地形の形があまり良くありません。

使いどころを見極めて使用するようにしましょう。

通常TST

回転方向:(右寄せ)→左


壁がある場合にも同様にできますが、黄色マス位置にミノか壁が無いと空転するので注意してください。

壁蹴りTST

回転方向:右→左左

また、TSTと同様の入れ方を利用してTSDを2回打つことができる中盤テンプレ(STSD)も存在します。

---------- --cc------ ---c------ cc-ccccccc c--ccccccc c--ccccccc

特殊Tスピン(Polymer T-Spin)

上記の基本的な形以外にもTスピンの判定が付くものがあります。

屋根や壁の高さが特殊であり、使う場面は非常に少ないため、覚えなくても実践では支障ありません。

T-spin FIN

T-spin FINは特殊Tスピンの1種で、基本火力としてはTSDと同じ4段となります。

黄色2マスが必須マスで、黄色2マスに接地している状態で右入力をする必要があります。

T-spin FIN

回転方向:(180°回転)→(右寄せ)→右

T-spin NEO

T-spin NEOは特殊Tスピンの1種で、判定としてはTSD-miniという判定になり、基本火力はTSMと同じ0段となります。

T-spin NEO

回転方向:(180°回転)→(右寄せ)→右


T-spin ISO

T-spin ISOは特殊Tスピンの1種で、基本火力としてはTSDと同じ4段となります。

T-spin ISO

回転方向:(180°回転)→(右寄せ)→左


ドネイトとは?

ドネイト(Donating)とは、下図のようにわざと下穴を塞いでTスピンを打つ技術のことです。

---------- -z--cc---- ZZUUUCCCCC ZCCUCCCCCC -ccccccccc -ccccccccc

意識してドネイトを打つことができるようになれば、脱初心者できたと言っても過言ではないでしょう。

ドネイトについては、以下のリンクで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

脱初心者のための基本的なドネイト

脚注

※1:Back-to-Back(BTB)…Tスピンorテトリスを行ってからライン消去が挟まっていない状態のこと。

関連ページ

  • 開幕TSD
  • 開幕DT砲
  • 欄干
  • STSD
  • 階段のドネイト
  • 脱初心者のための基本的なドネイト
  • SZスピン(SZ-spin)

参考ページ

この記事を作成するにあたって参考にさせていただいたページです。

↓↓↓この記事をシェア↓↓↓