魚の顎パフェ積み(Sakana's Jaw Perfect Clear Setup)

2020-09-27公開

魚の顎パフェ積み(Sakana's

ここでは、魚の顎パフェ積み(sakana's Jaw Perfect Clear Setup)という、高い確率(約92.26%)でパーフェクト(パフェ:All Clear)を取ることができるテンプレについて紹介していきます。

名前の由来は、sakanaさんというプレイヤーがよく用いている形の1つとして参考先サイトで命名されており、(そのため英名が「sakana's」となっている)和名はまだ無さそうな感じなので適当に訳しました。

基本系と特徴

基本形

---------- lll------i lz-------i zzss---ooi zss----ooi
---------- i------jjj i-------sj ioo---zzss ioo----zzs

形は上の通りで、左右反転できます。ここでは左図で統一して説明していきますが、右下にある反転ボタンを押すことで左右反転の図をみることができます。

残る形が同じであればどのように組んでも構いません。

上図からを除いた形(下図)を組むことができれば100%でパフェをとることができます。(ILSZパフェ積み)

---------- lll------i lz-------i zzss-----i zss------i
ILSZパフェ積み

ソフトドロップが多いため、実戦向きのテンプレではなく、連パフェ等の成功率を上げるために用いることが多いと思います。

メリット・デメリット

メリット

  • パフェを取ることができれば10段送れるため、相手にプレッシャーを掛けることができる。
  • 覚えることができれば連続パフェという強い攻撃を見越せる。

デメリット

  • 先に段を送られるとパフェが取れなくなるため、開幕TSDなどの速攻に弱い。
  • パフェが取れなかった際に急いでカバーをする必要がある。
  • パフェを取れるミノ順や組み方を覚える必要がある。
  • 開幕パフェ積みと比較してソフトドロップが多い。

組み方とミノ順

---------- lll------i lz-------i zzss---ooi zss----ooi
---------- i------jjj i-------sj ioo---zzss ioo----zzs

5ミノで組めるため、魚の顎パフェの組み方自体は覚えることは少ないでしょう。

のどちらのミノが早いかによって決めると良いでしょう。

パフェが取れる消し方とミノ順

パフェが取れるかを判定するのに掛かる時間を減らすために、もちろん全パターンを覚えることができれば良いのですが、この形はパフェが取れるパターン数も多く、このページに記載していないパターンでも取ることができるため、どちらかといえばある程度まで覚えた後は、その場で考えるほうが良いと思います。

J左+T縦+S右上

cccssjjooc ccssJjTooc ccccJTTccc cccJJjTccc
cccssllooc ccssJTlooc ccccJTTccc cccJJTlccc
cccssiiiic ccssJTlllc ccccJTTccc cccJJTlccc
cccsstttlc ccssJTlllc ccccJTTccc cccJJTtccc

を立ててを左上に置く組み方です。を先に入れる必要があります。

特に初め2つの組み方は後ろの3ミノがどの順番でも良く非常に汎用性が高いため、一番初めに覚えるべき2パターンと言って良いでしょう。

J逆+T左

cccTiiiilc ccTToolllc ccccJJJccc cccTooJccc
cccToojjjc ccTTiiiijc ccccJJJccc cccTooJccc
cccTjjzooc ccTTjzzooc ccccJJJccc cccTjzJccc
cccTlllooc ccTTlssooc ccccJJJccc cccTssJccc
cccTlllooc ccTTtttooc ccccJJJccc cccTltJccc
cccTtttooc ccTTlllooc ccccJJJccc cccTltJccc

を立ててを左向きに置く組み方です。を先に入れる必要があります。

このパターンに限らず、が入る場合には()の組み合わせ以外はが右に入る必要があります。

J逆+T上下

ccciiiiooc cczzTTTooc ccccJJJccc ccczzTJccc
ccciiiiooc ccTTTssooc ccccJJJccc cccTssJccc
cccTsszooc ccTTTzzooc ccccJJJccc cccsszJccc
cccTjjjooc ccTTTljooc ccccJJJccc ccclllJccc
ccctttzooc ccTTTzzooc ccccJJJccc cccTtzJccc
cccTssjjjc ccTTTllljc ccccJJJccc cccsslJccc
ccctttjjjc ccTTTllljc ccccJJJccc cccTtlJccc

その他

ccctzzJJJc cctttTTTJc ccccssTccc ccczzssccc
ccctssJJJc cctttTTTJc cccczzTccc cccsszzccc
cccjtttooc ccJJJtTooc ccccJTTccc cccjjjTccc
ccctttjjjc cczztTJJjc ccccTTJccc ccczzTJccc
cccsstjjjc ccssttJJjc ccccTtJccc cccTTTJccc
ccctlljjjc cctttlJJjc ccccTlJccc cccTTTJccc
cccTtttooc ccTTTtJooc ccccssJccc cccssJJccc

Tホールド

ccctttjjjc cczztllljc ccccJJJccc ccczzlJccc
ccctttjjjc cciiiiJJjc cccctlJccc ccclllJccc
ccctzzJJJc ccttiiiiJc cccclllccc ccctlzzccc
ccctlllooc ccttlzJooc cccczzJccc ccctzJJccc
cccjzzlllc ccJJJiiiic ccccJzzccc cccjjjlccc
cccjjjJJJc cctttjssJc cccclllccc ccctlssccc
ccctlljjjc cctttlJJjc ccccssJccc cccsslJccc

Jホールド

ccctjjlllc ccttjiiiic ccccTTTccc ccctjTlccc
ccctjjiooc ccttjTiooc ccccTTiccc ccctjTiccc
cccTjtlllc ccTTTiiiic ccccjttccc cccjjtlccc
cccTsslllc ccTTTiiiic cccczzlccc cccsszzccc
ccctttlllc cczztiiiic ccccTTTccc ccczzTlccc
cccsstttlc ccsszzlllc ccccTzzccc cccTTTtccc
cccsstiooc ccssttiooc ccccTticcc cccTTTiccc
cccjjjkklc cciiiilllc ccccTjkccc cccTTTkccc

参考ページ

この記事を作成するにあたって参考にさせていただいたページです。

↓↓↓この記事をシェア↓↓↓