アルバトロスSP

反転中

2020-12-30公開 2021-01-22更新

アルバトロスSPタイトル画像

ここでは、アルバトロスSPという、理想形では初順からTSD→TSTを打つことができる開幕テンプレについて紹介していきます。

基本系と特徴

基本形

---------- ---zz----i s---zzjjji ss-oolllji -s-ool---i
---------- i----ss--- illlss---z iljjjoo-zz i---joo-z-

アルバトロスSPはアルバトロスTSDの位置が異なる形であり、開幕でが早いときに打つことができるテンプレの1つです。

また、初巡でTSDを打てるため、相手の開幕パフェを阻止することができます。

また、その後back-to-backを維持したままTSTまたはTSDを打つことができます。

のどちらが早いかで左右を使い分けると良いでしょう。

メリット・デメリット

メリット

  • 開幕パフェを阻止できる。
  • 初順・2巡目でTST→TSDという高火力を出すことができる。

デメリット

  • ミノ順によっては取れない。
  • 2巡目に理想形が取れないミノ順の場合の派生がそこそこあり、すべて覚えようとすると大変。

組み方と1巡目のミノ順

1巡目とミノ順

---------- ---zz----i s---zzjjji ss-oolllji -s-ool---i
---------- i----ss--- illlss---z iljjjoo-zz i---joo-z-

1巡目の組み方は上図の通りで、が早い時に組むと良いでしょう。

左のパターンがホールド無しで組める条件は以下の通りです。

  • >
  • >

のどちらが早いかによって左右を決めると良いでしょう。(ここでは、以下左のパターンで説明していきますが、右下にある反転ボタンを押すことで左右反転の図を見ることができます。)


組み上がったら、TSDを打ちます。

---------- ---zz----i SUUUZZJJJI SSUOOLLLJI -s-ool---i
---------- ---------- ---------- ---zz----i -s-ool---i

理想形

2巡目

2巡目のミノ順が以下を満たしている場合には、下図のような理想形を組むことができます(約40%)。

  • >
---------- --ll-z---- ---lzz---- jj-lzsiiii j--ccssooc jc-cccsooc
---------- --ll-z---- ---lzz---- JJULZSIIII JUUCCSSOOC JCUCCCSOOC

>の場合には、下図のようにを2番目の図の位置まで持ってきてから回転することで入れることが出来ます。

回転方向は問いませんが、時計回りに回す方が事故が少ないです(誤って1番目の図の時に反時計回りしてしまった場合、ミノが外に出てしまう)。

---------- --ll-z---- ---lzzss-- jj-lzRR--- j--cc--ooc jc-ccc-ooc
---------- --ll-z---- ---lzz---- jj-lz-ss-- j--ccRRooc jc-ccc-ooc
---------- --ll-z---- ---lzz---- jj-lzR---- j--ccRsooc jc-cccsooc

3巡目

確定積み(ソフトドロップ含む)

理想形の場合、以下の2パターンのうちどちらかを100%で組み、TSDを打つことができます。

---------- --s------- --ss-zi--- UUUszziloo jUcczciloo jjjcccill-
---------- --s------- --ss-zi--- UUUszzilll jUcczciloo jjjccci-oo

4巡目のパフェ率を上げたい場合、2パターン目のを壁に寄せることで、1パターン目と同等まで上げることができます。

---------- --s------- --ss-z---i UUUszzllli jUcczclooi jjjccc-ooi

ソフトドロップをしたくない場合

理想形の場合、下図のようにTSSを打ってから72積みに移行することができます。

---------- -z-----s-- zz--Ullss- z---UUljs- ooccUcljjj oo-ccciiii

4巡目

パフェ

4巡目には26.67%でパフェを狙うことができます。

  • 3巡目1パターン目
  • ---------- ooctttzzll oocctcczzl cccccccccl
    ---------- ooctttiiii oocctccjjj cccccccccj
  • 3巡目2パターン目
  • ---------- ooctttiiii oocctcclll ccccccclcc
  • 3巡目2パターン目(パフェ狙い)
  • ---------- ooctttjjss oocctcjssc ccccccjccc
    ---------- ooctttiiii oocctclllc cccccclccc

ドネイトTSD→72積み

パフェが取れない場合、が遅ければドネイトTSDから72積みに移行することができます(右側の置き方は下穴に合わせてください)。

---------- zz-------- izz--s---- ijj--ss-oo IJCUUUSLOO IJCCUCCLLL ccccccccc-
---------- zz-------- izz--s---- ijj--ss-ll IJCUUUSOOL IJCCUCCOOL ccccccc-cc

TST

---------- ----ll---- -----l---- IIIIULSSZJ OOCUUSSZZJ OOCCUCCZJJ ccccccccc-

速攻TSS

相手に後少し送れば倒せそうな時には、ピンクマスを埋めてBtBTSS(3段)を送ることもできます。

---------- ---------- ---------- ---------- --c---pU-- --cc-ccUU- CCCCCCCUCC

妥協形

2巡目

2巡目に理想形が組めない場合にはを右側に立てる妥協形を組むことになります。

---------i --ll-z---i ---lzz---i jj-lzs---i j--ccssooc jc-cccsooc

3巡目→4巡目

妥協系の場合、3巡目にTSTを打つルートと、TSDで妥協してTSD→パフェに移行するルートの2種類に大きくルートが分かれます。

TSD→TSD→パフェ

が早い時に組むことができる派生です。

---------- ---------c --cc-c---c ---ccc---c ccUccc---c CUUCCCCCCC CCUCCCCCCC
---------- --------oo i--ssz--oo ilsszz---c ilcczcjjUc illcccjUUc ccccccj-Uc

4巡目にパフェを取ることができるパターンは3パターンあります。

---------- zziiiioocc czzcccoocc cccccctttc ccccccctcc
---------- zziiiijjcc czzcccjtcc ccccccjttc ccccccctcc
---------- zziiiillcc czzcccjlcc ccccccjjjc ccccccclcc

TST

妥協系の場合でも、多くの場合は以下のように3段目を埋めることによってTSTを打つことができます。

  • が早い場合
    ---------- ---------c --CC-C---c ---CCC--lc CCUCCCLLLC CUUCCCCCCC CCUCCCCCCC
    ---------- --s------- --ss-zi--- UUUSZZIOOC JUCCZCIOOC jjjccci-cc
  • が早い場合
    ---------c --CC-C---c ---CCCj--c CCUCCCJJJC CUUCCCCCCC CCUCCCCCCC
    ---------- ---------- ---------- ---------c -Ucc-c-ooc UUUCCCCOOC
    ---------- --i------- --i------- -zi--ll-ss ZZIUUULSSC ZCCCUCLOOC
  • が早い場合
    ---------- ---------c --cc-c---c ---ccc-t-c CCUCCCTTTC CUUCCCCCCC CCUCCCCCCC
    ---------i ---------i ---------i s-oo-z---i ssoozz-llc jscczc--lc jjjccc-clc
    ---------c ---------c ----lll--c c-cclc---c CCCCCCUCCC CCCCCCUUCC CCCCCCUCCC

関連ページ

  • アルバトロスTSD
  • にはち砲
  • 開幕DT砲

参考ページ

この記事を作成するにあたって参考にさせていただいたページです。

↓↓↓この記事をシェア↓↓↓