更に空席が増えた教室の中、私はずっと謎夢について考えていた。

あの文字、あの風景、そして…。



彼女は静かに眠っていた。窓際には、小さいひまわりが少し萎れて花瓶に挿さっている。

「ねぇ、なんでこんなことをするの…?」

ベッドの脇に座って話しかけるが、もちろん返事は無い。

「もっと、ちゃんと話を聞いてれば良かったの…?ねぇ…。」

私の消え入るような言葉は彼女に届いたのだろうか…。



ほっぺたがヒンヤリする。

「ん…。」

これは…土…?

手をついて起き上がり見渡すと、辺りは一面の太いツルに覆われている。

そこそこの広さはあるが、上を見上げてもツルしか見えない。

これはまた夢の中…?

「戻ってきてくれたんだ…!!」

どこからか、彼女の声がした。しかし、どこにも姿は無い。

「やっぱり…。」

「やっぱりってことは、あたしだって分かってたんだね。」

「うん。文字が似てるなっていうのは思ってたんだけど、あの分かれ道の風景に見覚えがあったのと、今日家に行って窓際にあったひまわりで確信した。」

「さすが、1回夢から出てるだけはあるね!!」

「どこにいるの?なんでこんなことを…。いま学校は謎夢のせいで大変なんだよ!?」

「へぇ、謎夢なんて名前まで付いたんだ!!確かに、だいぶ人数も増えてるしねー。」

久しぶりに聞いた彼女の声は、思っていたよりも元気そうだった。

「じゃあ、これが解けたら教えてあげる。鉛筆とかも出しておくね。」

その声とともに、頭に紙が落ちてきた。

「ねぇ、出てきてよ。」

その私の呼びかけには反応が無い。

結局解くしかないってことか…。