ジージージージー…。

「うーん…。」

うるさい蝉の声で私は目を覚ました。

あれ、いつもと景色が違う…。

私は自分の部屋で、自分のベッドで寝ていたはずだ。

なのに…私の右手は別の何かに触れている…?

この感触は…畳?

私は起き上がって周りを見回した。

ここは、どこ…?

知らない家…漫画に出てくる、古い農村にありそうな簡素なつくりの家だ。

服は…寝た時のTシャツのままだ。

スマホは…?スマホがあれば、時間も場所も判るはず!

そう思って探してみるも、スマホは見つからない。

「ん?」

部屋の奥に、白い紙切れがある。なんだろ、あれ。

近づいてみると、白い封筒だった。

【見つけたら読んでね。】と書いてある。

封筒を開けると、紙が2枚入っていた。

謎の手紙

つまりここは、夢の中なの…?

…どうしよう、本当に二度と起きれないのかな…。

取り敢えず、謎を解くしかないないのかな…。

2枚目の紙を開く。

うーん、なんだろう…?